子供の口臭対策で悩んでいるなら絶対この記事が参考になります!

◆子供の口臭が気になったら

 

子供の口臭が気になり始めたら対策をしてあげるのが望ましいですよね。
子供は言葉や態度がストレートですから口臭をからかわれたり、あからさまに嫌な顔をされてしまうこともありえます。
口臭を気にして友達と話すのが不安になり、コミュニケーションに臆病になって人との関わりを避けてしまうと、これからの生活に大きな支障が出ます。

 

子供の口臭を軽減させるためにできる対策をいくつかご紹介します。
できることから始めて、口臭のストレスをなくしてあげましょう!

 

 

◆歯垢は口臭の原因になります。

 

虫歯や歯の汚れ(歯垢)は口臭の原因になります。
毎日の正しい歯みがきで歯垢を取り除くことで口臭が改善することも多いようです。
口臭予防のための歯みがきのコツはこちら。

 

・歯みがきは10分を目標にする
・歯ブラシは歯や歯肉に対して90度に当てて1本ずつみがく
・デンタルフロスや歯間ブラシを活用する

 

歯垢をしっかり取り除くためには、丁寧に時間をかける必要があります。
子供の歯は小さく、歯間の汚れが取りにくい場合がありますので、歯間ブラシなどで汚れをかき出しましょう。
子供が歯みがきをした後、仕上げみがきをしてあげると安心ですね。

 

最近は子供の虫歯予防にフッ素を塗ることが多くなっています。
フッ素には歯垢をたまりにくくし、口腔内の細菌繁殖を抑制する効果が期待できます。
口臭対策にもなりますのでフッ素を塗布したり、フッ素が配合されている歯みがき粉を使ってみてください。

 

 

◆歯みがきだけでは口臭が改善しないときは

 

歯みがきをしていても口臭が改善しないこともあります。
口腔内には200種類の細菌が存在しています。
細菌は分解・代謝されるときに口臭の原因となる揮発性ガスを生成します。
口腔内の細菌が繁殖するのを防ぐことが大切です。

 

細菌が増えてしまう大きな原因は唾液にあります。
唾液にはリゾチームという酵素が含まれていて、細菌の細胞壁を破壊する強い殺菌力があります。
本来、口腔内の細菌は唾液によって活動を抑制されています。
しかし、なんらかの理由によって唾液の量が少なくなると、細菌が繁殖して口臭がきつくなってしまうのです。

 

・口呼吸をしていることが多い
・口のなかが乾きやすく、ねばついている
・のどが渇きやすい
・唇がひび割れやすい
子供に多く見られるこの症状は、唾液量が少ないことが原因です。
もしもこうした症状がみられる場合には唾液量を増やすような対策をしてみましょう。

 

●食事はよく噛んで食べる
●舌を動かしたり、耳下線をマッサージして唾液の分泌を促す
●水分をたっぷりとる
●乳酸菌を摂取する

 

口腔内に刺激を与えることで唾液量は増加します。
乳酸菌には口腔内の細菌繁殖を抑制し、唾液の抗菌活性を高める働きがあります。
乳酸菌は発酵食品や乳製品に多く含まれていますので、積極的に摂取するように心がけてみると良いでしょう。

 

 

子供の口臭は親がサポートしてあげることで改善することができます。
口臭対策をして、子供がのびのび育つように応援したいですね!

更新履歴